oyaishi

ご自宅の大谷石で困っている事はなんですか?

大谷石の特徴

大谷石は栃木県宇都宮市大谷町を中心に東西約4km、南北約6kmの地域内で採石される凝灰岩(流紋岩質溶結凝灰岩)の名称です。日本列島がまだ海中にあった2,000万年以上前、流紋岩質火山の噴火により海中に沈殿した火山灰が凝固して出来たものと言われています。
耐震性、耐火性に優れ、遠く古墳時代より様々な用途に供されてきました。帝国ホテル等の建築に大量に使用された大谷石は、大正12年の関東大震災においてその優れた耐震性、耐火性が証明され、戦後の復興期からは、それまでの手掘りに代わる機械掘りによる大量採掘が可能になり、その需要は拡大を続けてきました。

この20年ほど、輸入外国産天然石や次々と開発された安価な人造石に押され、大谷石の需要は次第に少なくなってきていました。が、最近大谷石が再び注目を浴びています。

天然石ならではの風合い

人造石には見られない大谷石独特の”心温まる風合い””落ち着いた気品”等、”本物の味”が再確認され出したのか、近代文明の殺伐とした”渇き”の反動として、”自然の豊かさ””安らぎ”を人々が再び求め始めたのか…。
良質な大谷石の採掘がますます困難になっている今日こそ、貴重な財産である大谷石、どうぞ大切にして下さい。

伝統技術が支える大谷石

大谷石の石板を用いた貼石工法は、戦後機械切りにより薄物石板の生産が可能になった昭和30年代から行われてきたもので、特に新しいものではありません。

当初は主に室内装飾用として漆喰による接着が主流でしたが、最近の接着剤、モルタル混和剤の急激な進歩により、今では「確かな職人による確かな仕事」さえあれば、石板が躯体と一体化するほどの完璧な修復が可能になりました。

当初は主に室内装飾用として漆喰による接着が主流でしたが、最近の接着剤、モルタル混和剤の急激な進歩により、今では「確かな職人による確かな仕事」さえあれば、石板が躯体と一体化するほどの完璧な修復が可能になりました。

  • 施工案内
  • 施工までの流れ
  • 施工事例