oyaishi

石勘の主な工事内容をご紹介致します

大谷石石版埋め込み工法(風化の激しい大谷石の修復工法)

風化した表面を4cm程削り、高水圧洗浄の後、下地造りをします。
天然大谷石の石板を現場加工し、サイズを合わせます。
接着剤を混入したモルタルで(状況により接着剤のみで)大谷石石板を圧着します。
コンクリート釘を打ち込みます。

111112  11111

風化した表面を4cm程削り、高水圧洗浄の後、下地造りをします。
天然大谷石の石板を現場加工し、サイズを合わせます。
接着剤を混入したモルタルで(状況により接着剤のみで)大谷石石板を圧着します。
コンクリート釘を打ち込みます。

実績例をもっと見る

施工例

表面研磨処理仕上げ

(風化による崩れは少ないが表面の汚れがひどい場合)
表面の汚れた部分をほんの1ミリほど荒削りをした後、仕上げ研磨で仕上げ、風化防止剤を塗布します。
桐のタンスをカンナで削って再生するように、表面を薄く削る事により大谷石本来の美しさが蘇ります。
また、新旧石の色の差をなくし、風化防止剤の効力を最大限発揮させるために、この工法は非常に効果的です。

b  a

風化した表面を4cm程削り、高水圧洗浄の後、下地造りをします。
天然大谷石の石板を現場加工し、サイズを合わせます。
接着剤を混入したモルタルで(状況により接着剤のみで)大谷石石板を圧着します。
コンクリート釘を打ち込みます。

実績例をもっと見る

施工例

ハツリ仕上げ(擁壁や門まわり以外の塀などの修復工法)

風化部分を少し深く1~2cmほど荒削り、仕上げ削りの後、洗浄・風化防止剤塗布をするものです。
仕上がりの美しさはA・Bとは比べようもありませんが、汚れを取り、風化を止めるという目的はこの方法でも充分に達成できます。
経済的な方法です。

d  c

風化した表面を4cm程削り、高水圧洗浄の後、下地造りをします。
天然大谷石の石板を現場加工し、サイズを合わせます。
接着剤を混入したモルタルで(状況により接着剤のみで)大谷石石板を圧着します。
コンクリート釘を打ち込みます。

実績例をもっと見る

施工例

ごあいさつ

高水圧洗浄・風化防止剤塗布

全体を高水圧洗浄の後、風化防止剤を塗布します。
風化防止剤の効力を有効たらしめる為には高水圧洗浄はどうしても必要な工程です。
永年の汚れと石垢を高水圧洗浄で落とし、強力な風化防止剤の塗布によって頑丈な大谷石に変身します。

e

倒壊要望補強工事

1.目地補強の後、天頂部にカスガイを打ち込む。
2.鉄帯を塀の裏側からアンカーで打ち込む。
3.塀の内側に切り込みを入れ、コンクリートで控えを造り、塀と一体化させる。
4.塀の内側から地中に鉄柱を埋め込み、塀と一体化させる。

f

以上危険の度合い、現場の情況に合わせて上記の様々な工法を選択実施いたします。
  • 施工案内
  • 施工までの流れ
  • 施工事例